Foomii(フーミー)

室伏謙一が解説「この政策、どう考えたらいいですか?」

室伏謙一(室伏政策研究室代表 政策コンサルタント)

室伏謙一

今の日本社会は、政策に関しては「情報供給不足」。

そこで、本メルマガでは、メディアがほとんど取り上げないものを含め、様々な政策について、関連法案が可決してから「問題だ」と騒ぐのではなく、審議中や審議入り前の段階から、その意味や意図、国民生活や社会経済への影響等について、制度論に軸足を置き、霞が関・永田町の動的な側面も交えつつ、政財官を経験した独自の視点で、平衡感覚を持って「この政策をどう考えたらいいか?」簡潔に解説し、問題提起します。

タイトル
室伏謙一が解説「この政策、どう考えたらいいですか?」
価格
880円/月(税込)
発行
原則として週2回
課金開始月
購読した月から ※2021年11月1日からの購読予約も可能です。
購読する
////////////////////////////////////////////////////////////////

室伏謙一が解説「この政策、どう考えたらいいですか?」

https://foomii.com/00231

////////////////////////////////////////////////////////////////

新型インフル特措法改正をどう考えればいいか?

 新型インフル特措法改正案が、2月3日、参院本会議で可決成立しました。改正法に規定される罰則の在り方が大きな話題となり、世論や野党の批判の的となり、結局その罰則規定は大幅に弱められることになりました。

 しかし、この改正法は具体的にどのようなものであって、改正の柱は何なのでしょうか?

 まず、この改正案、正式名称は「新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律案」です。「等」と付いているのは複数の法律を改正することによるものです。

 では、どの法律が改正されるのかと言えば、主には、新型インフルエンザ等特別措置法、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律、検疫法です。主に、と書いたのは、これら以外の「等」に含まれる法律は、これらの法律の条文を引用等していることから一括して改正されるため、主体的な改正の意味を持たないためです。(こうした改正を、霞が関の業界用語では「並びの改正」と言ったりします。)

 さて、こうした主に改正される法律からも明らかなように、感染症対策に関する措置をより効果的に、効果的にしようというのが今回の改正の趣旨であり、その観点から、新型インフルエンザ特措法に「まん延防止等重点措置」が新設され、事業者の営業時間の変更の要請のみならず命令を可能としたり、命令に違反した場合の罰則(過料)が設けられたりしているわけです。

 また、感染症法においては、感染者の入院措置に強制力を持たせるための、入院措置に応じない場合や入院先から逃げた場合の罰則が措置されました。今回世論の批判を浴びたのは、この感染症法に新たに設けられることとされた罰則であり、当初は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が規定されることとされていましたが、多くの批判を踏まえた与野党協議により、50万円以下の過料となりました。懲役や罰金は刑事罰、つまり逮捕され、起訴され、裁判において量刑が行われ、その結果科されるものですが、過料は行政罰であり、逮捕されることはありませんし、裁判も行われません。つまり大幅に軽減されたということで、こうしたことから共産党を除く野党は本改正に賛成に回り、賛成多数で早々と可決されたわけです。

 しかし、過料ではあっても、50万円という金額は大きすぎるのではないか、金銭的に入院できない者はどうするのかといった問題は放置されたままです。

 加えて、これは新型インフル特措法の改正に関する問題ですが、事業者への営業時間の変更命令に関して、事業者への補償等は盛り込まれず、あくまでも事業者への支援として「財政上の措置その他の必要な措置を効果的に講ずるものとする。」とされただけでした。この規定、どう読めばいいかと言えば、結論から言えば努力規定の域を出ないものですし、支援は財政上の措置、つまり金銭的な支援に限られませんし、財政上の措置も金銭給付に限られません。

 こうした点についてはネットでは話題になり、問題視されていましたし、この問題点を繰り返し訴える与野党議員もいましたが、結局法的に何ら改善されることはなく、有耶無耶なまま施行を迎えようとしています。(一部を除き2月13日)

 今後施行されて運用されていく中で様々な問題が明らかとなってくるでしょうね。その時、賛成した与野党議員はどう説明するのでしょう?


////////////////////////////////////////////////////////////////
本ウェブマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
配信記事は、マイページから閲覧、再送することができます。ご活用ください。
マイページ:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ ウェブマガジンの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////


  • 室伏謙一が解説「この政策、どう考えたらいいですか?」
  • 最後までお読みくださり、ありがとうございます。
    このマガジンを購読しませんか?
購読する

今月発行済みのマガジン

  • 2021年10月

ここ半年のバックナンバー

  • 2021年9月

  • 2021年8月

  • 2021年7月

  • 2021年6月

  • 2021年5月

  • 2021年4月

2021年のバックナンバー

  • 2021年9月

  • 2021年8月

  • 2021年7月

  • 2021年6月

  • 2021年5月

  • 2021年4月

  • 2021年3月

  • 2021年2月

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2021年10月19日に利用を開始した場合、2021年10月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2021年11月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する