Foomii(フーミー)

小倉’s視点(経済&経営)

小倉正男(経済ジャーナリスト(フリーランス))

小倉正男

「そういうふうに見るのか」という情報&視点(経済・経営)
                 
経済ジャンルの「情報」は、日々膨大に供給されています。需要者サイドは、ネットをはじめ新聞、雑誌、TVなどありとあらゆるメディアから情報を収集します。

タイトル、見出しはかなり重要です。とりわけ、需要者は見出しに惹きつけられて、情報を消費します。見出しに引っかかってしまったなといったことも少なくありません。しかし、なるほどそういうふうに見るのか、そういうことだったのか、と手を打つこともあります。

情報は、消費された瞬間に大半は賞味期限を終えます。情報の宿命といえますが、陳腐化も一般に生鮮食品並みに速い。まるでレタス並みです。それでもなかにはしばらくは「保存」しておきたい情報、視点の提供もないではない。

情報を追っていたら、案外、同じ発信者のコンテンツに収斂していくことがあります。面白い、参考になる、そう見るのか、そうだよね――。発信者を見たら、やはりこの人か、と。

経済を切り口にそうした情報&視点の発信をしたいというのが、私の思いです。

タイトル
小倉’s視点(経済&経営)
価格
660円/月(税込)
発行
毎月2回
課金開始月
購読した月から ※2021年12月1日からの購読予約も可能です。
購読する
////////////////////////////////////////////////////////////////

小倉’s視点(経済&経営)

https://foomii.com/00256

////////////////////////////////////////////////////////////////

自民党総裁選  
権力闘争の帰趨を分けた「成長戦略」で切り返し不発というエラー(自滅)


総裁選で「成長戦略」は論戦なし

自民党総裁選の論戦で少し違和感を持たざるを得ない部分があった。経済、とりわけ「成長戦略」がほとんど議論されなかった。メディアもそれを指摘せず、取り上げることもなかった。日本が直面している経済の「衰退」、低成長といった現状をどう打開するのか、という緊急課題が棚上げされた論戦に終始した。

岸田文雄氏、河野太郎氏、高市早苗、野田聖子の4氏とも日本経済の現状に危機感を持っていないのか。ひとり高市氏が総裁選の出馬表明で、「危機管理投資を成長戦略につなげる」といった発言を行っている。総裁選で成長戦略に触れたのは、何とただそれのみだ。ほかの候補者は成長戦略への表明はまったくなかった。日本経済はそれほど万全な状態にあるのか――。


日本経済は「衰退」、成長が止まっているという現実

GDP(国内総生産)でみると、日本はすでに米国、中国に圧倒的に差を開けられている。2020年のGDPでは米国が20・9兆ドルでトップの座にあり、2位が中国で14・7兆ドル。中国はトップの米国のGDPの70%超の巨大な経済に膨張し、米国に肩を並べるかといった勢いをみせている。

日本はGDPで3位だといっても5・0兆ドル、何とも中国の3分の1程度の規模でしかない。米国、中国が頂点の座を相争っており、日本は大差で引き離されて「その他」のグループに呑み込まれている。3位といっても威張れるものではない。世界のGDPの5・9%を占めるにとどまっている。

この2021年4~6月のGDP成長率では、米国6・7%(前期比)、中国7・9%(前年同期比=前期比5・0%)。これに対して日本は前期比0・3%(年率1・3%)にとどまっている。プラス成長は2四半期ぶりだ。半導体関連、デジタル化などの設備投資持ち直しが下支えを果たしている。

日本は経済成長が決定的に脆弱である。日本は経済成長では「負け組」にほかならない。「負け組」であることを認めるのは辛いことだ。だが、辛くても日本経済は衰退局面にあるという現実からスタートしなければならない。事実は、事実として受け入れる。そうでなければ、日本は衰退に歯止めをかけて反転することは不可能である。


成長が止まっているのに分配を論じるのは絵に描いた餅

 総裁選と成長戦略の絡みでいえば、そこが勝敗の分岐点だった。仮に河野氏のサイドに立てば、そこを的確に突けば優位を保つことができた。戦場における「四分六分」、「六分四
分」のせめぎ合いが「成長戦略」という切り口だった。

 岸田氏は、「成長なくして分配なし、分配なくして成長なし」と中間層の賃上げを提案した。「新しい日本型資本主義」「令和版所得倍増計画」を提唱し、分配の見直しを打ち出した。経済界各社は、内部留保、株主への配当ばかりを分厚くするのではなく、従業員の賃上げを重視すべきというビジョンを俎上に乗せた。

 「株主資本主義」から「従業員資本主義」へのシフト、旧来の“ニッポン株式会社”に軸足を戻そうという議論である。これは新しい議論といえるものではない。ただ、新自由主義の傾斜から、しばらくほとんど忘れられていたポイントだった。

河野氏はその議論に誘い込まれ、賃上げという岸田氏の提案に追随した。「賃上げする企業には税制面で支援をする」など岸田氏の議論に安易にタダ乗りした。河野氏は、経済への準備を怠ったのか。岸田氏の提案をいわば“パクって”しまった。河野氏は、岸田氏の賃上げ=分配にやすやすと嵌まり込んだ。岸田氏の提案をはね返す、独自性のある差別化された政策を提示するべきだったが、経済への付け焼き刃感を露呈してしまった。

 「成長なくして分配なし、というが成長がずっと止まっているのがいまの現実」。「成長がないのに分配を論じるのは絵に描いた餅になりかねない」。「成長なしに賃金を上げれば世界市場で競争力を持てるのか」。「配当を削ってその分を賃上げに廻せというのではマネーが日本市場から逃げ出す」。「分配は重要な視点だが、いまこそ成長戦略を論じるべきではないか」。
仮に賃上げ=分配に仮に同意するとしても、そうした切り返しが最低限でも必要だった。


成長戦略で切り返せなかったことは一種のエラー(自滅)

河野氏は「突破力」を自分の強みであると語った。だが、岸田氏の分配論に「聞く力」を使わされてしまった。そうではなく、「成長戦略こそが喫緊の重要課題である」「成長戦略がなければ分配は実現できない」と岸田氏の分配論の曖昧さを突くべきだった。経済成長の脆弱さを事実として指摘すればよいわけで、ことさらな「突破力」など無用だった。「絵に描いた餅になりかねないビジョン」という危うさをさらりと暗示すれば事は済んでいた。

しかし、河野氏はそのチャンスを逸した。河野氏はそこを突くことができなかった。それどころか、年金問題という難問にうかつに踏み込んだ。国民、あるいは自民党の党員党友、議員の多くは、河野氏の議論に逆に“揺らぎ”“危うさ”を持ってしまった。

岸田氏の賃上げ=分配論に難点・弱点がないわけではない。岸田氏にも危うさはそれ相当にあった。だが、その危うさに焦点を合わせた論戦へのシフトを怠った。分配に対して成長戦略で切り返すというのは、本来的にはいわば常套的な反応でしかない。それができなかったのは、厳しくいえば一種のエラーである。エラーで自滅したことになる。

成長戦略は、案外にも“ゲームチェンジャー”になり得るアジェンダ(議題)だった。しかし、成長戦略はついに議論されなかった。それが総裁選という権力闘争の帰趨を分ける転換点(ターニングポイント)になった。


////////////////////////////////////////////////////////////////
本ウェブマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
配信記事は、マイページから閲覧、再送することができます。ご活用ください。
マイページ:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
【ディスクレーマー】
本内容は法律上の著作物であり、各国の著作権法その他の法律によって保護されています。
本著作物を無断で使用すること(複写、複製、転載、再販売など)は法律上禁じられており、刑事上・民事上の責任を負うことになります。
本著作物の内容は、著作者自身によって、書籍、論文等に再利用される可能性があります。

本コンテンツの転載を発見した場合には、下記通報窓口までご連絡をお願いします。
お問い合わせ先:support@foomii.co.jp
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ ウェブマガジンの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 小倉’s視点(経済&経営)
  • 最後までお読みくださり、ありがとうございます。
    このマガジンを購読しませんか?
購読する

今月発行済みのマガジン

  • 2021年11月

ここ半年のバックナンバー

  • 2021年10月

2021年のバックナンバー

  • 2021年10月

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2021年11月19日に利用を開始した場合、2021年11月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2021年12月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する