Foomii(フーミー)

倉本圭造のひとりごとマガジン

倉本圭造(経済思想家・経営コンサルタント)

倉本圭造

ウェブ連載や著作になる前の段階で、私(倉本圭造)は日々の生活や仕事の中で色んなことを考えて生きているわけですが、一握りの”文通”の中で形になる以外、公開される事はほぼありません。話題の時事ネタについての考察や読んだ本や漫画の感想その他、あまり長大にならない形で皆さんと日常的にシェアできる場があればいいなと思ってこの連載を作りました。

同時期に始めるnoteマガジンとは同じ内容が配信される予定です。配信形式がお好みの方をお選びください。

最低月三回は書かねば・・・と思っていますが、慣れてくればもっと回数を増やして、カジュアルに日記のように書ければいいなという理想も持っています。

倉本圭造の発表するもののファンだ、けど文通のクライアントになるってほどでもないし、ウェブ連載はたまにしか掲載されないから、もう少しカジュアルにこの人が書いたモノを読んでみたい・・・というぐらいの感じの人と、ぜひお話したいと思っています。

質問や感想なども受け付けて、そこで多少は双方向的なやりとりもできればいいなと思っています。
これからよろしくお願いします!

倉本圭造

タイトル
倉本圭造のひとりごとマガジン
価格
1,000円/月(税込)
発行
毎月3回以上
課金開始月
購読した月から ※2020年9月1日からの購読予約も可能です。
購読する
////////////////////////////////////////////////////////////////

倉本圭造のひとりごとマガジン
https://foomii.com/00197

////////////////////////////////////////////////////////////////

ネットのSNSを眺めていると、一瞬で「敵か味方」だけを判断して果てしなく憎悪が暴走しているような様子を最近はよく見かけます。

たとえば先日、ウェブ連載で「PCR検査を増やすべきかどうか」という論点について「党派性」から離れた冷静な視点で整理した記事が、フェイスブックのお医者さんたちとかに延々とシェアされて一ヶ月ほど読まれ続け、最後には英語のコメントもチラホラ来るようになり、(私だけの貢献ではないですが)最終的に英字メディアの論調も徐々に変わっていく・・・といったことがありました。

別に医学が専門でもない私の文章がそこまで読まれる現状が、逆に「いかに日本で”党派”から離れた冷静な言論がレアになってしまっているか」を表しているのではないでしょうか。

ただ、そうやって「ちゃんと整理して、党派的な争いごとに巻き込まれないように言葉遣いにも気をつけて書く」というのはなかなか大変なことで、ちょっと油断するだけで、もうとにかく「敵か味方か」でしか物事を見れなくなっているインターネット内の憎悪のエネルギーの嵐に飲み込まれてしまいそうになったりするんですよね。

でも、日々生起する「時事ネタの話題」というのは、それなりに意味があって今話題になっているんですよね。全く無意味な感情の暴走というわけではないはず。

人々の集合無意識的な関心ゆえに、「これを今突っつき回すことが大事なはずだ」という予感自体は意味があるはずのものだと思うわけです。

私のように、経済・経営の現場感・・・みたいなものに触れてきて、かつ「社会の中の恵まれた階層」以外の世界も実地で知ってきた体験があり、かつ一応はインテリ風に「思想」っぽく話を捉え返したり論理展開をしたりする能力もある・・・という存在は、個々のスキルひとつずつ的にはそれほど珍しくはなくても、「全部同時に、かつ相互にクロスオーバーさせながら語る」視点を提供できる人はそう多くないはずです。

そういう「レアさ」は、私のウェブ連載などについて、一部の人には高い評価を頂いているのを感じてもいますし、今のような混乱の時代にはそういう視座が必要になるはず・・・と思って、10年20年単位で培ってきたスキルでもあります。

なので、ある程度クローズドな場において、「ちゃんと言葉遣いの細部まで気を使って書くウェブ連載」とは違う、もう少しカジュアルな形で、色んな時事ネタや話題のコンテンツ、それに限らずエッセイ的なものまで、皆さんとシェアできる場所があればいいな、と思ってこのメルマガをはじめることにしました。

同時期に始めるnoteマガジンとは同じ内容が配信される予定です。配信形式がお好みの方をお選びください。

最低月三回は書かねば・・・と思っていますが、慣れてくればもっと回数を増やして、カジュアルに日記のように書ければいいなという理想も持っています。

倉本圭造の発表するもののファンだ、けど文通のクライアントになるってほどでもないし、ウェブ連載はたまにしか掲載されないから、もう少しカジュアルにこの人が書いたモノを読んでみたい・・・というぐらいの感じの人と、ぜひお話したいと思っています。

質問や感想なども受け付けて、そこで多少は双方向的なやりとりもできればいいなと思っています。

これからよろしくお願いします!

倉本圭造


////////////////////////////////////////////////////////////////
本ウェブマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ ウェブマガジンの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 倉本圭造のひとりごとマガジン
  • 最後までお読みくださり、ありがとうございます。
    このマガジンを購読しませんか?
購読する

今月発行済みのマガジン

  • 2020年8月

ここ半年のバックナンバー

  • 2020年7月

  • 2020年6月

  • 2020年5月

2020年のバックナンバー

  • 2020年7月

  • 2020年6月

  • 2020年5月

このマガジンを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2020年8月19日に利用を開始した場合、2020年8月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2020年9月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する